筋トレは男性にとって最強のダイエット方法

筋トレは男性にとって、最強・最良のダイエット方法である、というテーマで深堀りしていきます。

なぜ、筋トレがダイエットになるのか?

そもそもなぜ、筋トレがダイエット効果をもつのでしょうか。

従来「ダイエット」という言葉は、全く違うことを連想させます。ダイエットのイメージは、ジョギングなどの有酸素運動や、炭水化物を我慢するなどの食事制限だと思います。

しかし、このブログでは効果的なダイエットの方法として、筋トレを紹介しています。では、なぜ筋トレがダイエットになり得るのでしょうか?

それは、「筋肉増量による基礎代謝量の向上」です。

筋トレも運動の一つですから、筋トレ自体によるカロリー消費もあります。しかしそれ以上に、筋トレによって身体中の筋肉の量が増えて、体の基礎代謝量が向上するのです。

基礎代謝量とは、身体が特に活動しなくても、寝て起きて呼吸しているだけで消費するカロリーの量。つまり、生きているだけで消費するエネルギーです。

筋肉が増えると、ただ生きているだけで、消費するエネルギーが大きくなるのです。筋肉がつくと、ただ生きているだけで、脂肪が燃焼される仕組みができるのです。

筋肉がうっかりついちゃっても・・・

女性の場合、よくある反応が、「いや、筋トレなんてして、筋肉ムキムキになりたくないし」「彼氏よりたくましくなったら困るし(笑)」というコメントです。

(本当は女性が筋トレしても、男性とはテストステロンの量が違うので、筋肉が付き過ぎることはありません。実際は、身体がほどよく引き締まる形になり、ムキムキになり過ぎて困る、ということはほとんどないです。)

しかし、男性の場合は、筋トレをしてダイエットを目指して、うっかり筋肉が付いたとしても、何も困ることはありません。かえってカッコよくなります。

男性にとって筋トレは最高の趣味、最高のダイエット方法だなと思うのです。

マッスルメモリーがあるので、男性にとって一生モノ

「マッスル・メモリー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

直訳すると「筋肉の記憶」「運動の記憶」とでも言いましょうか。筋肉には、記憶のような機能があって、一度トレーニングして筋肉を発達させた経験があると、たとえブランクがあってもその状態に戻すことが簡単になるのでしょう。

つまり、筋トレをすれば、今後筋肉がつきやすくなる体質に改善されているということです。

このマッスルメモリーに関しては、さまざまな研究結果によってその機能は実証されていますし、実体験から考えても、本当のことです。一度発達させて筋肉を増やした部位は、比較的簡単に以前の状態に戻せます。

一度でも、細マッチョのかっこいい身体になったことのある人は、いつでも比較的簡単にその状態に戻っていくことができるのです。

ですから、筋トレを行うことは、短期的なダイエットとは違います。男性にとって、一生モノの財産を築いているイメージです。

筋トレは時短によって仕事と両立が可能

「ダイエットをやりたくても、忙しくて・・・・」「ダイエットと仕事の両立ってどうするんだ・・・」という声もよく聞きます。

ジョギングや散歩などの有酸素運動でダイエットをしようとしても、それには時間がかかります。3分間ジョギングをしても、あまり痩せる気はしませんよね。ジョギングするんだったら、最低30分間はかかりそうです。前後のウォーミングアップや片付けなどを考えると、仕事に忙しい人が頻繁に取り組めることではない気がします。

(時短の有酸素運動もあるにはありますが、、タバタプロトコルなどのHIIT.. High Intensity Interval Trainingがそれです。このブログで紹介しています。)

筋トレは、その点、究極に時短された運動です。

筋トレは一回にかかる時間が短いです。長くても1時間。30分でもかなりのことがやれます。自宅で10分でも十分な効果が期待できます。

そして、毎日やる必要がありません。というか、同じ筋肉に毎日負荷をかけては、かえっていけないくらいです。週2回でも、十分に筋肉を育てていけます。

筋トレは、一週間に必要な時間の合計も、極端に短いです。究極に時短された運動、と言って過言ではないと思います。

仕事をばりばりやるには、食べないわけにいかない

仕事とダイエットの両立、という観点から考えても、筋トレはおすすめです。

いくらダイエットをしたくても、仕事をバリバリやるためには、極端な食事制限は不可能です。食べないと元気が出ないし、頭もよく働きません。あまり食べないで過ごしていると、仕事の忙しさからのストレスとあいまって体調を崩してしまいかねません。

しかし、筋トレによるダイエットなら、食事を我慢する必要がありません。

無理な食事制限をせず、ある程度自由な食事をしながら、必要な栄養素をしっかり摂取し、仕事をバリバリとやる。そして筋トレをする。仕事と筋トレは、両立が簡単なのです。

筋トレと仕事は、同じ方向にあるもので、相性はバッチリです。むしろ私は筋トレとは仕事の延長線上だと思っています。仕事をより良く効果的にするためにも、筋トレがあるのです。

まとめ

筋トレは男性にとって最強のダイエット方法、というテーマで考えてみました。まとめると、、

・筋トレをして筋肉が増量されると、基礎代謝量が増えてダイエット効果をもたらす。
・筋肉がうっかりついちゃっても、かえってカッコよくなるのでOK!!
・マッスルメモリーがあるので、筋トレは今後の財産になる。
・筋トレは時短すら可能。忙しい人におすすめ。
・極端な食事制限をしないので、そのまま仕事もできる。