腹筋運動だけでなく、モテる筋トレをしよう

 

 

筋トレ=腹筋運動という思い込み

夏が近づいてくると、海でプールで水着になる機会が増えるので、身体を引き締めたい!と思う人も少なくないようです。

しかし、けっこう多くの人が、まずやりだすのが「腹筋運動」だったりします。筋トレ=腹筋運動というように連想する人もいます。

今日は腹筋運動だけがトレーニングではない。むしろかっこいい身体を作るには遠回りだったりします。腹筋運動以外に視野を広げて、筋トレをしよう、という話をします。

 

  

腹筋を割る・引き締めるためにも、腹筋運動以外を。

「腹筋を割る・お腹を引き締める」ことが、トレーニングの目的である人は多いです。しかし、腹筋を割る・引き締めるためだとしても、腹筋運動ばかりしていてはそれが達成できない、ということがあります。

腹筋を割る、お腹を引き締めてかっこよくなる、という目的であれば、以下の記事が完全版のガイダンスです。

この記事に詳細が書いてありますが、腹筋を割るためには、腹筋運動だけでなく、

・代謝をあげる。
・高たんぱく質の食品をとる
・高負荷インターバルトレーニングを試してみる
・脂肪を減らす食事の工夫
・腹筋以外の全身の筋トレ

ということが必要です。お腹を引き締めたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

お腹を引き締める・腹筋を割ることよりも、身体のシルエットを作る

とはいえ、お腹を引き締める・腹筋を割ることだけが、かっこいい身体を作る要素ではありません。腹筋・お腹周りだけではなく、全身が均整とれた形になっていくこと。それが筋トレによって可能になります。

特に上半身の大きな筋肉部位(広背筋、大胸筋、三角筋、僧帽筋)を鍛えていくと、シルエットがかっこよくなります。

いわゆる、逆三角形のボディーになるわけですね。

腹筋運動だけよりも、ちゃんとモテる筋トレをしよう、というのはそう言う意味です。

お腹だけを考えるのではなく、上半身を鍛えて、逆三角形のシルエットに貢献する筋肉を大きくしよう、ということです。

  

  

じゃあ、いったい何をすれば良いの?

じゃあ、一体何をすれば良いの?と言う話ですが、まず

コンパウンド・トレーニング

をするのが良いです。コンパウンドトレーニングというのは何かというと、複数の筋肉を同時に鍛えることのできる種目です。

上半身のコンパウンド・トレーニングは以下のようなものです。

・ベンチプレス(大胸筋、三角筋、上腕三頭筋)
・デッドリフト(脊柱起立筋、ハムストリングス)
・チンニング・懸垂(広背筋、上腕二頭筋)
・ショルダープレス(三角筋、上腕三頭筋)

これらをやっていると、どんどん上半身がたくましくなっていきます。逆三角形のシルエットになります。

「初心者はまず何も考えずにBIG3をやっていれば良い」なんて乱暴なことを時々言っていますが、BIG3には上半身のコンパウンドトレーニングが二つも入っていますね。

 

 

今日は、腹筋運動だけに固執せず、上半身のコンパウンドトレーニングやBIG3をやってみると、かっこいいモテるシルエットの身体になれるよ、と言う話でした。